堀り出しやは高知県内の家具・家電・工具・釣具・楽器・骨董品等の家庭にある不用品、オフィス家具・厨房機器等の事務所、店舗用品を出張買取、販売している総合リサイクルショップです

呉大和ミュージアム行ってきました

2015年9月19日

呉大和ミュージアム行ってきました

ちょっと呉の大和ミュージアムまで行ってきました。

2015y09m19d_122059987

ちょっと気合を入れて車で瀬戸大橋経由のルート。

休憩挟んで大体四時間で到着です。

 

 

 

駐車場に車を停め入り口に向かっていると

IMGP5792

戦艦陸奥の41cm主砲身です。想像してたよりかなりデカい!!

当時ホントにこれクラスの主砲撃ってたの?想像つかん。

ちなみに奥のスクリューが直径5mらしいです。戦艦デッケー!!

 

チケット買って中に入ると

IMGP5794

1/10サイズの戦艦大和です。1/10でも圧倒されるデカさでした。

しかし逆光酷いなこれ…

きれいな画像はググるか実際見に行ってくださいな。

 

 

IMGP5841

ちょっと上からもう1枚

某宇宙戦艦でもう少し幅がスリムなイメージを持ってたんですが意外と横幅が広い印象。46cm砲を積むにはこれくらい必要だったんでしょう。

中央右よりに戦艦長門の軍艦旗も写っています。

なんでも鑑定団で出品された際に石坂浩二さんが買い取って寄贈した品です。

 

 

この大和の他には呉鎮守府が開庁してから軍港として発展してきた呉の歴史、

戦艦大和の計画から建造、それによる造船技術の進歩について。

大和の生涯と戦中・戦後の呉から見る日本の情勢等が当時の資料と共に展示されています。

 

IMGP5840

重巡洋艦「利根」の模型

 

 

IMGP5856

大和ミュージアム前の「海上自衛隊呉資料館」通称てつのくじら館

潜水艦や掃海艇の歴史や発展が展示されています。

また本物の潜水艦「あきしお」の内部に入れて実際に触って体験することができます。

 

 

 

IMGP5779

遠くに護衛艦「いせ」が停泊していました。

 

 

IMGP5860

ミュージアムから徒歩で行ける「歴史の見える丘」より大和の建造ドック跡。

 

 

今回は江田島までは行かず呉周辺のみの観光でしたがかなり楽しめました。

ただ呉のみの観光にすると正直車が要らなかったかも・・・

ミュージアム周辺の徒歩で行ける範囲でもかなり見所はあります。

高知からなら松山で車を置いてフェリールートが良いかもです。

2015y09m19d_122531167

こんなルート。

瀬戸大橋からの高速代+ガソリン代+運転疲労>(車入れても)フェリー代

次回あるならこれで行こう。

 

≫ ブログのトップへ戻る